政策公庫・保証協会・金融機関からの融資の支援

金融機関を味方につけていますか?

政策公庫・保証協会・銀行融資をはじめ、資金調達のさまざまな方法をご提案します。

会社の経営にとって、資金調達や資金繰りは非常に重要なポイントです。

 

融資と一口に言っても

①日本政策公庫

②保証協会経由の融資

③銀行・信用金庫などからのプロパー融資

 

融資申し込み前段階の準備、融資申し込み先の選定から、金融機関のご紹介など

豊富な実績とノウハウ、強力なパイプのもと、金融機関との交渉のご同席も含めましてご支援いたします。

 

弊事務所では、中小企業様向けとして、

段階的に有効な資金調達のための様々な準備をサポートいたします。

日ごろから、融資を視野に入れた体力のある月次決算ができるようにご提案させて頂きます。


『事業計画書』『資金繰り表』や『試算表』といった融資申し込みに必要な書類の作成、

銀行等金融機関との融資取引についての的確なアドバイスをご提供致しております。

 

※)上記は、税務顧問のご契約をいただいている顧問先様を対象としたサービスです。

直接金融に関するサポート

 資金調達の方法としては様々な調達方法があり、直接金融(エクイティ(株式)を中心とした調達)と間接金融(金融機関からの融資を中心とした調達)に大きく分かれます。

 

具体的には、財務分析、資金計画、資金繰り表、キャッシュ・フロー計算書などの立案・作成から、金融機関対策としての自社分析、また、株式公開を目指すクライアント向けには、ベンチャーキャピタルからの資金調達のためのコンサルティングもご提供いたします。

投資経験豊富なベンチャーキャピタルに対しては、株式公開に精通したコンサルタントがご支援いたします。

※)上記のサービスは、ファイナンシャルアドバイザリー契約をさせて頂きます。