現在の顧問税理士さんに満足されてますか?

現在の税理士さんとの関係は、最良ですか? 何でも相談できますか?

・税理士さんとのゼネレーションギャップを感じたことはありませんか?

・高齢で自社と会計事務所との将来に不安を感じることはありませんか?

・顧問料は依然割高で、先生の訪問はなし、事務所員も良く変わり引継ぎがスムーズにされていない

 提案がない、来てもデータチェックのみで残高を合わせるだけなど

・経理とばかり話をしていて、社長と話をしない(またはその逆もあり)

・起業したばかり、法人設立したばかりなのに、

 大きな会社のように(無理に)ちゃんとしないとと言われる

・起業時にお世話になったけど、会社が大きくなっても経理サポートのような接し方をされる

 

そんな気持ちにさせられた経験はありませんか?

御社の置かれている業界や、状況も日々変化しています。

税制改正はもちろんのこと、業界の需要にも変化が出てきます。

 

税理士変更のタイミングとして一番多いのが決算終了時、次に多いのが税務調査時です。

それまでに意思疎通がなされてないことが要因の一つでしょうが、

糸口が見つからない場合は、一呼吸おいて、別の専門家の意見を聞いてみてください。

 

 

あるいは、社長の年齢、会社の形態を世の中の状況に合わせるために、

事業縮小という手段も有効になってくる場合があります。

実際に、景気に合わせて、社長のご年齢に合わせて、事業を売却されたり、

従業員を抱えないシンプルな形への変更をされる場合もあります。

 

顧問料や、関与度合いの見直しなど、この機会に今一度お考えください。

会計税務顧問

お客様からの各種税務相談に関して、頻繁に行われる税制改正に適切に対応し、事業を継続・反映させていくために的確なアドバイスをさせていただきます。

また、節税(タックスプランニング)についても、豊富な経験・知識・ノウハウから導かれた最良のアドバイスをさせていただきます。

家の相談、親族との関係、遺産相続など、相談内容は多岐に渡ります。

 

弊事務所は、公認会計士と税理士というオールラウンド体制で、設立間もない会社さんから、

上場を目指す公開企業まで、幅広く、同じ『経営』という論点から最善を尽くしご提案差し上げます。

経理支援・記帳代行

お客様に代わり領収証の整理から会計ソフトへの入力まで、ご要望に応じたプランをご提案させて頂きます。
経理担当者のいない小規模企業の場合には、領収証の整理から会計ソフトへの入力までを自社で行うことのストレスを最大限軽減するべく、より効率的にご事業に専念して頂けるよう、お客様に合わせて対応させて頂きます。

 

記帳代行業務を遂行する上では、税務上のポイントに関するご提案を行う必要がありますので、記帳代行のみでのご依頼はお受けできず、会計税務顧問と合わせてのご契約となります。

決算・税務申告書作成

決算作業を行い法人税・事業税・法人住民税・消費税等の各種申告書の作成を行います。

 

決算書は税務署のみならず、株主・金融機関・取引先等様々な利害関係者の目に触れる機会もあります。
したがって、決算書の作成に当たっては内容の正確さだけではなく、表示方法や見やすさなどいろいろな工夫と配慮が必要となります。

税務申告書を作成するにあたっては、節税対策を含めた事前の入念な打ち合わせを行います。
弊事務所では決算期末までに、どの程度の事業利益や納税額が見込まれるか、また取りうる対策とリスクについて、お客様と十分に協議し決算申告業務を進めてまいります。